1. HOME
  2. サステナビリティ
  3. 人を活かす取り組み

サステナビリティ

人を活かす取り組み

広告会社にとって、価値を生み出す唯一の資産は、人です。人が常に成長し、社員一人ひとりがお客さまに選ばれ続けることで会社の持続的な事業成長につなげていく。東急エージェンシーではそのために様々な施策に取り組んでいます。

TAG Growth Program

当社は人材育成体系「TAG Growth Program(東急エージェンシーグロースプログラム)」のもと、個々人が自律したプロフェッショナルとなるための成長支援をおこなっています。
「 TAG Growth Program 」は、【キャリア開発支援】【スキル習得機会の拡充】【成長を支援する組織風土の醸成】の3つの軸を設けて、人材育成施策を推進しています。

キャリア開発支援

個々人が自律的なキャリアを描き意欲高く仕事に取り組み続けられる仕組みを構築しています。キャリア基盤を構築するために複数部署・業務を経験する「キャリア・ディスカバリー」や「キャリア・マッチング」やキャリア途中段階での棚卸しや目標設定のための世代別キャリア研修などを展開しています。

スキル開発支援

マーケティングやデジタルなど事業環境の変化に適応したスキル習得機会を提供しています。また、事業成長支援のために社外協力会社の講座や学習コンテンツを活用するプログラムを設けています。

成長支援の風土づくり

個人と会社の持続的成長に向けた風土醸成を目指して、マネジメント層向けの支援や次世代リーダーの育成機会の創出、社内表彰制度などを運用しています。

新卒採用の考え方

当社にとって採用活動は「一緒に戦う仲間を探す」ことです。当社には明確な目的意識を持った社員のチャレンジを周りが支援する風土があり、若手のころから様々な仕事に挑戦できる環境があります。
そこで必ず問われることは「あなたはどう思うのか?」「あなたはどうしたいのか?」ということです。そうした環境で、自ら考えて周りを巻き込んで主体的に行動し、創意と工夫で困難を乗り越えていける人物を求めて採用活動を行っています。そのため、画一的な人物像は設けていません。

特長ある採用活動

「様々な個性を持った人を採用したい」という想いから、独自の採用施策を展開しています。「留年していること」を応募資格とした「留年採用」をはじめ、「東京以外採用」や「ハッシュタグ採用」などを実施してきました。

インターシップの実施

広告業界に本気でチャレンジしたいと思っている学生が、広告業界や広告会社の仕事を学ぶワークショップや社員との座談会などを通して、実際に広告の作り方を体験することができるプログラムを実施しています。

新しい働き方の取り組み

経営や組織のあり方や企業と従業員との関係性、個人の価値観が大きく変容しています。さらに、新型コロナウイルス感染拡大により、社会的にも当社においても働く意識と行動は激変しました。
創立60周年を機に2021年秋に本社移転を行い、新たなワーク環境の中で、多様な個を活かすとともに共創・協働・共鳴といったチームワークを強化する「働き方トランスフォーメーション」を進めています。

社内活性化に向けて

社員が成長できる風土、フラットでオープン、自由闊達な風土をめざし、従業員エンゲージメントや組織・風土に関するサーベイを定期的に行っています。2020年より従業員から自由なアイデアを募集する「IDEA POST」制度を実施しており、若手の寄せた企画から社内ラジオ放送「#タグらじ!」が実現しています。

ハラスメント対策への
取り組み

当社では、「当社の事業にかかわるすべての人同士が、お互いを尊重して敬意を払う関係であるべき」との考えから、ハラスメントに対する意識の啓発を目的とした社員への階層別研修や、全従業員を対象としたeラーニングを実施しています。また、ハラスメントの予防および早期発見とその是正のため、ハラスメント相談窓口を設け、一人ひとりが働きやすい環境の整備を進めると共に体制の強化をおこなっています。